体型の基準は?


ウォーキングというものは体全体を使っているので、とても良い運動だと思う。そして太陽の光を適度に浴びることができ、町の様子や空の様子などを見ながら歩けるので気分転換にもなる。 営業やデスクワークを毎日のようにしている自分にとって、この時間はとても貴重だ。 と言ってもウォーキングを始めた目的は増えた体重を戻すためだ。

特段自分は太っているわけではない。?せているわけでもないが。 +5sと言っても自分の身長からしたら標準の範囲内だ。会社の健康診断でも、これまで肥満で指摘されることはなかった。 太ったと言っても会社の同僚からは、どこが?とかちょうど良いじゃない?とかと言われる。

しかし…、仕事出来るスーツは融通が効かない。ウエストや太もも周りは5sも増えればパツンパツンだ。立っている時は良くても座ると非常に苦しくなる。 デスクワークにも集中できない。この窮屈感が自分は大嫌いだ。かと言って新たなスーツを買うのも馬鹿馬鹿しいし、ゆったりしたサイズになると120%そのサイズに自分の体が合わせていく。 そんなことをしていたら青天井だ。だから、自分の太っている痩せているの基準は医学的根拠もなく、他人の基準でもなく、全てスーツが入るかどうかが基準となる。 偉そうな事を言っているが今のスーツは一番痩せていた時に購入してしまったものなので、このスーツに合わせるのは結構しんどいのが本音である。 もう少し余裕のあるサイズを購入すれば良かったと後悔している。



Copyright © やる気溢れるtaka diary All Rights Reserved.